クラウンロイヤル180系のバッテリー上がり!diyでバッテリー交換してみた!

クラウン 180 系 ロイヤル バッテリー交換
スポンサーリンク


180系のクラウンロイヤルを所有しているんですけど…

あまり…

乗っていないんですよね…

なので、当然ですが…

バッテリーが上がっちゃいましたよ…

この記事でわかること

180系クラウンロイヤルのバッテリー交換手順を紹介しています。

長期間の乗らない時のバッテリー上がり防止策を紹介しています。


180系クラウンのバッテリー上がり



普段から通勤やレジャーで乗っていれば

簡単にバッテリーが上がるようなことは無いですよね..

長期間乗らないで、放置して

時々、エンジンを掛けている程度では…

当然、バッテリー上がりますよね?


長期間、駐車場に止めて置いた状態で

バッテリーが上がっているので、

修理工場へは移動できません。

しかも

完全にバッテリーが干上がっているので

ブースターケーブルで繋いでも掛かりません(;゚Д゚)

クラウンのバッテリー高いんですよね


なので

少しでも、安く仕上げたいので….

バッテリー交換を自分でdiyしてみます。


普通…

バッテリーが上がったら自分で交換しますかね…

まず、

新品のバッテリーを用意しないと…

クラウン180系のバッテリーサイズは?


クラウンのバッテリーって

国産乗用車に使われている普通サイズなんですよね

調べたら、

「75D23L」でした。

バッテリーの交換時期は、

2年ごとに交換するのがおすすめなんですよね

要は、車検ごとです。

考え方によっては、ちょっともったいない感じもしますが

安全にクルマを使用できるなら

必要な経費ですかね…

なので

75D23Lでも、値段がピンキリですが

2年ごとに交換するなら

そんなに高いバッテリーは必要ないんですよ

おすすめはこれですかね↓

GS YUASA [ ジーエスユアサ ]
国産車バッテリー [ ビーヴイシリーズ ] BV 75D23L


新品のバッテリーを購入したので、

早速交換してみたいと思います。

クラウン 180 系 ロイヤル バッテリー交換の手順


バッテリー交換の手順はこんな感じです。

クラウン180系バッテリー交換の手順

 

  1. バッテリーブラケットを外す

  2. バッテリー⊖端子を外す

  3. バッテリー̟⊕端子を外す

  4. 新品のバッテリーを取付ける

  5. バッテリー⊕端子を取付ける

  6. バッテリー⊖端子を取付ける

  7. エンジンが掛かるか確認する

  8. バッテリーブラケットを取付け



手順さえ間違わなければ、簡単に交換できますが

バッテリー交換をdiyでやるなら

自己責任でお願いします。

では、交換してみます。

バッテリーの位置とクラクションの位置

ボンネットを開けるとこんな感じです。

写真の右奥にバッテリーが取り付けられています。

手前側には、クラクションが2つ取付けられています。



バッテリーブラケットを外す


10mmのナットが2つでバッテリーを固定しているので

ナットを緩めます。

ナットを無くさない様に注意です。

ブラケットを外すと、バッテリーが

少し左右に動くので、

端子を緩める時に、作業しやすくなります。

バッテリー⊖端子を外してから⊕端子を外す


バッテリー端子を緩めて外す時は、

必ず、

⊖端子から外します。

⊖端子を外してから、⊕端子を緩めて外します。


端子を外す順番を間違えると、

ショートしやすくなるので注意です。


端子を外したらバッテリーを持ち上げて外します。

新品のバッテリーを取り付


新品のバッテリーを取付したら

バッテリーに付いている取っ手を外します。

取っ手を外さずに、バッテリー端子を取付けて作業すると

とても邪魔で、作業が進みません。


なので

取っ手を取り外します。

新品バッテリーに端子を接続して締め付ける


バッテリーの端子を取付ける順番は、

バッテリーを外す時とは逆で

⊕端子から取付けていきます。



取っ手を取り外してから端子を取り付けしないと

うまく作業が進まないのにもかかわらず

取っ手を外さずに作業してしまったんですよ…

端子が、取っ手にぶつかって締め付けがしずらくなっています(*_*)


取っ手を外さずに、無理矢理⊕端子を取付けていたので

⊖端子が端子に引っかかって、取付できないんですよ(;゚Д゚)

ここで

取っ手を、ニッパーでちぎって外しましたよ(T_T)

バッテリー交換完了


新品バッテリーの取り付けが完了したら

エンジンを始動できるか確認して完了です。

無事にエンジンが掛かりました。

普段から、エンジンを定期的に始動して

バッテリー上がりを防止しておけば

もう少し、バッテリーが長持ちするんですけど

言い分けですが、忙しくてなかなかマメに

出来ないんですよね…


長期間乗らない時に、バッテリー上がりを防止する為に

定期的に電気を流して、バッテリーを活性化してくれる

装置があるの知っていますか?

セルスターバッテリー充電器です。

180系クラウンのバッテリー上がり防止対策

セルスターバッテリー充電器 DRC-1000 (フロート サイクル充電)12Vバッテリー専用


セルスターバッテリー充電器 DRC-1000 があれば、

定期的にバッテリーに電気を流して

バッテリーを活性化してくれるんですよ

定期的に、エンジンを始動する必要が無いので

楽ちんですよ!

価格は、アマゾンが安かったので価格チェックしてみて下さい。

アマゾンで価格をチェックする

カーバッテリー110番

バッテリー交換のdiyに自信が無い場合はこちら↓

出張費0円!【カーバッテリー110番】


バッテリー交換を紹介させて頂きましたが

「やっぱり自分にはムリ!」と考えるなら

プロにお願いするのもokかなと!


カーバッテリー110番なら、

24時間365日いつでもどこでも全国対応で

バッテリー上がりの対応をしてくれるので

頼みやすいです。



カーバッテリー110番を利用される理由が

直ぐに対応してくれるスピードです。



たとえば、

購入した車屋さんにお願いする場合、お見せが休日だったり

バッテリーが上がった当日に、対応してくれなかったり

同じ費用を払うなら、頼みやすいところに

お願いしたいですよね?

時間に余裕が無い場合は、頼むのもありかと!

詳細は↓リンク貼っておきますので参考に!

まとめ


180系のクラウンのバッテリー交換をdiyで作業してみました。

作業手順を、間違わない様に注意が必要です。


出来れば、バッテリーが上がる前に

定期交換が出来れば、安全なんですがね…


バッテリー上がりの防止対策で

バッテリー端子に繋げるだけなら

セルスターも設置してもいいかもです。


もし、

diyでバッテリー交換する時には

自己責任でお願いします。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

クラウンロイヤル180系のバッテリー上がり!diyでバッテリー交換してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。