ディーラーセールスマンが 車の定期交換部品を覚え信頼されるユーザーフォローするコツ

ディーラーセールスマンが 車の定期交換部品を覚え信頼されるユーザーフォローするコツ
スポンサーリンク

既存ユーザーからの問合せが来た時の9割が

クルマの整備関係の問合せではないですか?

特にメンテナンスに関する問い合わせに答えられたら

ユーザーさんから信頼され

販売促進になるとおもいませんか?

こんな営業マンにこの記事はおすすめです。

整備の話になると
お客さに提案できないで悩んでいる方に
覚える事でどういうことになるか記事にしています。

おやブロ
おやブロ

日々営業活動お疲れ様です。ここではおやじ流に販売促進を記事にしています。 少しでも参考になればうれしいです。

最近は、若者のクルマ離れが加速し販売台数が伸び悩んでいる中、

「生活の足」

として必要とするユーザーは、

性能よりも見た目重視・少しでも燃費が良いクルマと

ネットで調べた 情報のみで購入しているようです。

しかし購入し走行すればクルマは

年数と走行距離で消耗します。

ユーザーには、

安全にカーライフを過ごして頂くために

アフターフォローが大切になってきます。

ユーザーフォローのスキルを身につけ信頼されるセールスマン

ユーザーフォローのスキルを身につけ

信頼されるセールスマンとして構築しましょう。

お客さまは、何かクルマに異常を感じたりメンテナンスの事で

聞きたい事があれば営業マンに最初は問い合わせてきます。

こちらか普段定期訪問等で声掛けしているのに、

お客さまから問い合わせが来て対応すると、定期訪問で得るフォローよりも数倍お客さまとのコミニュケーションがとれますのでとてもチャンスです。

  • メンテナンス情報は 取扱説明書 を参考にする
  • よくある質問は、調べておくと差がつく
  • 定期交換部品は、車検・定期点検でお勧めする

信頼されるユーザーフォローをする為に、

クルマの定期交換部品の名称や機能

そして故障した時の症状などを聞かれた時、

またはユーザーが気が付かない時は提案出来るようにしましょう。

定期交換部品=消耗品です。

簡単なメンテナンス情報は、取扱説明書に記載されています。

メンテナンス情報は 取扱説明書 を参考にする。

メンテナンス情報は 取扱説明書 を参考にする。

お客様は、

何かあると自分では調べられないのでお店に連絡が来たリ、

クルマの中にある取扱説明書を見て連絡が来る場合が多いです。

問合せの連絡が来て「ガソリンスタンドでオートマチックのオイル交換を進められたんだけど交換した方がいいですか?」と言われ「あ!ちょっと聞いてきます。」では、信頼度が上がりません。

その時に

「あ、オートマチックのオイル交換時期は、

取扱説明書には走行距離は4万キロと記載されていますが、

おすすめは、2万キロごとですよ。

オートマチックオイルは走行距離が2万キロくらいから

劣化が促進されていきます。

ですのでオイルの劣化による汚れがひどくなる前に

交換するのがおすすめですよ。」と

答えられたらどうですか?

車種ごとに微妙に内容が異なるところがありますので

試乗車や展示車の取扱説明書で勉強しましょう。

きっと役に立ちますよ

よくある質問は、調べておくと差がつく

これだけは、知っておいた方がいいですよ。実際によく聞かれませんか?

よくある質問は、調べておくと差がつく
  • パンクした時のスペアタイヤへの交換方法
  • エンジンオイルは何で汚れるの?
  • ハイオク車にレギュラーガソリンを入れてもよい?
  • タイヤホイールセット社外品に交換したいけど車検は通りますか?
  • バッテリーの交換時期はいつですか?
  • その他もっとありますよね

この辺は、車種によって違う所もあるので、お店のサービスフロントマンに聞いといて、いつ問い合わせがあっても答えられるようにしておきましょう。

定期交換部品は、車検・定期点検でお勧めする

定期交換部品は、車検・定期点検でお勧めする

定期交換部品は、調子が悪くなってから交換するわけではありません。

クルマ離れしている世代や

クルマのメンテナンスに弱いユーザー(乗りっぱなしユーザー)は、

調子が悪くなくても交換し費用が掛かる事に疑問が生じます。

ですのでお客様に、

説明が出来るか出来ないかで信頼度がかなり変わってきます。

定期交換部品は、車検や定期点検で交換するのがおすすめです。

定期交換部品は、

交換時期が少し前後しても問題ありませんので

車検や定期点検で交換するのがおすすめです。

まとめて見積もりに記載し説明する。

点検記録簿に記録が残る。

交換した部品を単品で交換すると、

交換したお店にしか交換した記録が残りません。

しかし車検や定期点検で交換すると記録簿に記録され

メンテナンスノートに残りますので、

違うお店で整備入庫した時もクルマの診断の参考になります。

まとめ

営業マンでもメンテナンスの定期交換時期を説明できない人が多いです。

しかし定期交換部品は、

どのクルマにも同じ部品名称の物が着いています。

部品名称から覚えるようにして少しづつ

交換時期や交換の必要性を覚えて行けばいいと思います。

購入してから乗りっぱなしでメンテナンスを知らないお客様が多いです。

普段から定期交換部品だけでも勉強し答えられるようにしておくだけで、勉強していない他のセールスマンと差がつきます。

そこをちゃんとフォローしていけば信頼されて増車や紹介が増えてきますよ

販売促進を頑張ってください!

おやブロ
おやブロ

考え方ややり方はいろいろとあります。 ここでの説明は、おやじ流ですので参考までに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。