修復歴ありの車をあえて選ぶ理由 失敗しない為の選び方

修復歴ありの車をあえて選ぶ理由 失敗しない為の選び方
スポンサーリンク

修復歴ありの車を購入しようと思いますか?

絶対に「嫌だ!」と言う人が大半ですよね。

うまく割り切って修復歴あり車を見極めて安く購入する人もいますよね。

中古車選びの一つとして修復歴があるか無いかで、ずいぶん価格が変わります。

そこで修復歴とはなんなのか? 

修復歴あり車を、割り切って購入すると得なのか?



これから中古車を購入しようと考えている人のヒントになればと思い記事にしました。

ちなみに・・・

「修復歴がある車は絶対に買わないよ!」と

言う人は
 
 見てもいいことないと思います。(;゚Д゚)

おやブロ
おやブロ

修復歴ありの中古車を購入して痛い目に遭っている人も少なくないんですよね

神経質になる人も多いですよね

修復歴とは

ここについては、いろいろなサイトで説明されていますよね

簡単に言うと事故車を修理した車の事を言います。


事故車とは
車をぶつけてしまい、修理した車です。

ぶつけたからと言って、全部が全部 事故車とはならないんですよ


少しむずかしく言うと、

ネジで取付けてあるボディパーツの交換は、修復歴としてカウントされません。


要は、バンパーを交換しただけでは修復歴ありにはなりません。

バンパーを取付けてある本体側に損傷があり、修理すると修復歴ありになるんです。


運転席のドアを交換しただけでは、修復歴ありにはなりません。

運転席のドアの取付けてある相手側(車体)にまで損傷がある場合

損傷部分を修理すると修復歴ありになってしまうんです。


修復歴ありの車は買うと失敗する?

修復歴ありの車は買うと失敗する?

修復歴ありの車を買うと失敗するのか?


運まかせで買うと失敗する確率上がりますよね

失敗してしまう例は?

例えば

  • 修復歴がありか?無か?調べずに安いから買ってしまう。
  • 修復歴がありなのに、どこを修理したか調べずに買ってしまう。
  • 修理した箇所は聞いたが、ちゃんと直っていない

修復歴がありか?無か?調べずに安いから買ってしまう。

表示価格が安いからと言って即決してしまうと失敗します。

相場よりも安いと思い中古車だから、「誰かに先を越されてしまう」と焦りからよく調べずに買ってしまうパターンですね。


お店のスタッフさんも、聞かれたことは答えますが、聞かれないことは教えてくれません。

中古車は一点ものだけに、「今買わないと、いつ売れてしまうか解りませんよ」と あおってきます。

ここは落ち着いて、売れてしまったら「次を探せばいいや!」の気持ちを持って交渉しましょう。

案外、すぐに売れてなくなる事は無いですよ



なぜそんなことを言いきれるかと言うと・・・

以前、修復歴ありで格安の車を購入したことが有ったのです。

さすがに修復歴があるので、考えたいと言ったら「直ぐに売れちゃいますよ!」とお店のスタッフさんがあおってきました。

「保証金を1万円入れてくれれば1週間は考える時間が出来ますよ」とも言われました。

ここは 気持ちを落ち着かせて「売れてしまったらしょうがないですね」と言って、その場は帰り1週間考えてお店に行ったら、その車の問合せが1件も無かったそうです・・


「修復歴があり」ってことも有ったので問合せが無かったのかもしれませんね。

修復歴がありなのに、どこを修理したか調べずに買ってしまう。

どこを修理しているのか、聞いても

「よくわからない」

のに・・そのまま買ってしまうパターンですね

はっきり言って聞いても解らない時は、買わない方がいいです。

質問の質問がわからない為、一応 修理をした箇所を聞いたらお店のスタッフが「大丈夫ですよ」的な事を言っていたから、そのまま買ってしまうと失敗する可能性が高いです。

修理した箇所は聞いたが、ちゃんと直っていない

事故を起こして修理をしたが、ちゃんと直っていなくて調子が悪いから、前のオーナーが売ってしまったのを、中古車として買ってしまうパターンですね。

この場合、お店のスタッフも修理する前の車を見ていないので修復歴があるのは、わかっていても「どこを?どう?」直したかわからないまま中古車として売りに出ているのを買ってしまうと失敗する可能性が高いです。


もっとたくさん、修復歴ありの車を買って失敗する事例はあります。

次に

「修復歴あり」の車を買うと、どんな故障事例があるか考えてみます。

修復歴ありの車のデメリットは?

「修復歴ありの車を買って失敗した」なんて人いますか?

変な車を買ってしまったな・・・とか・・


「事故車買って失敗した!」って噂をよく聞きますよね?

でも実際に変な車を買ったて言う人が周りにいますか?

友達の友達的な話じゃないですか?

間直に故障したとして失敗した人の車の不具合ってどんなことがありましたか?

おやブロ
おやブロ

以前、自動車のディーラーに勤めていたんですけど、

やっぱり「修復歴あり」の車を買わなきゃよかったな・・・

時々 故障して入庫しているお客さんがいましたね


修復歴ありで、とんでもない失敗例を紹介します。

実際に自動車ディーラーに入庫された自動車の故障例です。

修復歴ありのデメリット車

  • 大事故車をニコイチにしていてまっすぐ走らない
  • フロアに水が溜まる

まだまだ たくさんありますが、2つだけ紹介させて頂きます。



大事故車をニコイチにしていてまっすぐ走らない

ニコイチって聞いた事がありますか?

知らずにこのクルマを買わされているとキツイですね

ニコイチを知らない方もいるかと思いますのでどんなものなのか?

聞いたらびっくりしますよ!でもなんとなくわかるかな?

ニコイチとは

前面事故
後部事故

同じ車種を何台か集めて、使える部品やボディパーツを組み合わせて1台にする事です。

部品だけなら、そんなに問題では無い話なんですが・・・

ボディ(骨格)部分まで使えるところをカットして溶接でつぎはぎしていきます。

切断された自動車を溶接してつなぐ
切断された自動車を溶接してつなぐ


要は、

同じ車種で

1台は、前側部分が大事故車!

もう1台は後ろ側部分が大事故車!

この2台を、真ん中からちょん切って

1台に合体させることです!

おやブロ
おやブロ

ニコイチは修理工場さんの腕前が左右されますからね・・・

いい加減に修理されるとキシミ音や真っすぐに走行できないとか・・ 怖いですよね


骨格部分の切断や溶接は、自動車にしたら もの凄い大手術です。

中古車屋さんで販売されているとしたら、もちろん「修復歴あり」になりますが・・ちゃんと説明してくれるかですよね・・・


あいまいに説明していたら怖いですよね・・

おやブロ
おやブロ

ちなみに、骨格部分の溶接部分はフロアーカーペットや内張りで隠されてしまうんですよね。

外見からでは修理した箇所がチェックしにくく ちゃんと直してあるかわかりにくいんですよ。

フロアに水が溜まる

修復歴ありの中古車で、不具合が多いのが雨漏れじゃないですかね?

特に多いのが、トランクルームのスペアタイヤ部分に水が溜まって「タプンタプン」させている不具合ですよね。


骨格部分の溶接後にシーリング材で水が室内に漏れてこない様にするんですよね



シーリング不良で漏れているだけならシーリングし直せばいいんですが、そもそも事故で凹んだ骨格部分を、ちゃんと修正してからシーリングしてあればいいんですけど・・・凹みを修正しないままで隙間が空いている場合は、水漏れだけではなく 錆の原因にもなるんですよね

こんな「修復歴あり」は、とてもお買い得!

こんな「修復歴あり」は、とてもお買い得!


修復歴ありのデメリットだけを延々と話してきましたが、実は修復歴あり車を何台か買った事があります。


なんでかと言うと・・・



安いからです!



でも調子よく走ってくれていましたよ!

ちゃんと直してあれば 修復歴ありのクルマでも安全に乗れるんですよね

しかも修復歴と言うだけで、安くなるんですよ!

ちゃんと修復歴の内容を調べて、自分なりの安全な条件が整っていれば、掘り出し物もありますよ。


自分なりの修復歴ありの車を選ぶ基準?見極め方?って言ったらいいのかな・・

紹介させて頂きます。

  • 修復内容をちゃんと説明出来る中古車店
  • 修理した箇所が走行に安全のところか?

まだまだ たくさんありますが、とりあえず2つ紹介させて頂きます。

修復内容をちゃんと説明出来る中古車店

ここが結構大事です。


一番安全に掘り出し物を探すには、その中古車店で修理した車を買えるのがいいですよね



修理後、自社で売っていると言うことは 

修理の仕上がりに自信があるからです。

自信が無いクルマは、オークションなどに流しちゃいますよね


しかも、ちゃんと修復箇所の説明も的確にしてくれます。


ちゃんと修理されていても、購入を控えた方がいい車もあります。

それは修復されている場所です。

修理した箇所が走行に安全のところか?

骨格部分でちゃん修理してあればといいましたが・・

大破するほどの修復は別です。

写真にある様なピラーの部分を修復したとします。

これって

「修復歴あり」になるのか?

「修復歴なし」になるのか?


わかりますか?

これも凹みを修復してしまえば、修復歴ありになります。

この程度の修復でも「修復歴あり」になっちゃうんですよね



しかも、中古車としても価値が下がるので価格も、もちろん下がります。

こんな掘り出し物があったら超買いです!

修復された場所が、ちゃんと修復されていても

選べるのなら購入を控えた方がいいクルマもあります。

足回り直撃の修復歴ありは注意


例えば

足回りを直撃している修復歴です。

足回りに直撃している事故だと足回りからトランスミッションにダメージを与えていたり、足回りの修理は細かい計測が必要になったりします。

修理を仕立ては何の不具合が無くても何万キロか走行すると、足回りから異音が出たりトランスミッションの振動が大きくなって少しづつ不具合の影響が出てきます。

買わずに済めば避けた方がいいですね。

ちなみに、中古車で社外品のアルミホイールを装備されている車は注意した方がいいですよ

全部か全部とは言いませんが、足回りの修理をしている可能性があります。

なぜ、アルミホイール?

それは、純正ホイールが高いので、中古のアルミ4本セットを準備した方が安いからです。

スタットレスタイヤに純正ホイールを使っている場合もあるので、全部が修復のためにアルミホイールにしているわけではないと思いますが、判断基準の1つで考えてもいいと思います。

まとめ

中古車を選ぶ時は修復歴ありの車を選ぶことも、一つの選択肢として考えてもいいと思いませんか?

修復歴ありと言われるだけで、敬遠してしまいますかね・・

選び方のコツをつかめば案外、掘り出し物も見つかるかもしれませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。