副業・在宅で空いた時間で稼げる!アマゾン出品で月3万円お小遣いを増やすワザ!

アマゾン
スポンサーリンク

時間は有るけどお金が無い・・・月々のお給料だとボーナスで補てんしないと生活が厳しい・・あと3万円あればと思いませんか?

おやブロ
おやブロ

おやじが20代から30代までサラリーマン生活を送っていましたが、生活費を計算して切り詰めていくと、どーしても月々のお給料が3万足りないんですよね・・

たぶん皆さんもそんな経験ありませんか?つぅか今現在そうじゃないですか?

おやじの場合は、時間も無いしお金も無い!・・終わってるし・・・その頃にアマゾンで出品してお小遣い稼ぎしていました。ずいぶん助けられました。

アマゾン出品は誰でも簡単に出来る?

誰でも簡単に出来る? 答えは、いいえできません。

簡単には出来ませんが少しの努力で出来ます。

ここで説明させて頂いていてもおそらく始める人は1%もいないと思います。

99%の人はやる前に自分にはムリって諦めているからです。

しかし、自宅で出来る在宅ってたくさんありますよね。たくさんある中から自分に出来そうな物があるのかわからないから始めるのにすごい不安がありますよね

自宅で出来る在宅ビジネスって何がある?

在宅でできるビジネスってたくさんありますよね

例えば

  • ネット通販(アマゾン・ヤフーショッピング・ヤフオク・メルカリ・ジモティー等々
  • ライティングビジネス(パソコンで記事を書いて収入を得る)
  • 昔からある内職(商品梱包・冊子差し込み・折花作成、等々)
  • 株やFX(リスクが大きすぎて素人では小遣い稼ぎも出来ません)
  • プラモデル作成代行(向き不向きがはっきりする)
  • テープ起こし(お預かりしたテープを預かり管理するリスクあり)
  • などなど まだ無数にあります。
アマゾン

アマゾン出品を選んだ理由

こんなに数多くある中からなぜ?アマゾン出品なのか?

ヤフオクでもメルカリでも同じでは? 結論から言いますと、ぜんぜん違います。どう違うのか?

簡単に言いますと、仕入れからお客様に商品を渡すまでの手間が違います。

みなさんがイメージする手順は下記表の「その他通販」の手順ではないですか?

手順アマゾンその他通販
仕入れ
商品検品
出品
販売・落札×
販売・落札後のお客様のやり取り×
支払手続き・入金確認×
商品の包装・梱包×
お客様に発送連絡・発送手続き×

アマゾンではお客様とのやり取りの部分が、ほとんどアマゾン側でやってくれます。しかもお客様の問合せや返品受付もアマゾンがやってくれます。

だから、時間も無い・お金も無い このおやじにも出来たんです。

自分がやることは、「仕入れと・仕入れた商品の検品・出品・商品をアマゾンに送る」が大まかな作業です。

注意

おやブロ
おやブロ

お客様対応の全部をアマゾンが対応してくれるわけではありません。

直接お客様より電話連絡が来る場合があります。出来る限り直接お話ししたくない場合は、下記の定例句を出品者情報欄にコピペして下さい。

※口頭による手違いを避けるため、お電話でのお問い合わせはご遠慮願います。お問い合わせの際は、お手数ですが「出品者に連絡」欄よりお願い致します。万が一、商品に不備がございましたら全額返金させて頂きますので、Amazonカスタマーサービスまでお問い合わせくださいませ。運営時間 9時から17時まで 土日祭日休み

おやじが出品している時に受けた連絡例

アパレルを販売していたんですが 、その時のやりとりです。

そちらで販売しているアパレルで○○衣装ですがイベントで使いたいので50着用意して頂けませんか?

おやブロ
おやブロ

そんなに在庫無いです!出品している物で全部です。

そうですか・・わかりました。出品されている分を全部購入させて頂きます。

おやブロ
おやブロ

ありがとうございます。またよろしくお願い致します。

こんな感じの問合せが多かったですね。

アマゾン出品を始める為に用意する物

クレジットカード(三井住友カードがいいですよ!理由は特典が多いから!)

銀行口座(出来ればゆうちょ銀行がいいです。理由は手数料が安い

古物商許可証(提示を求められた事は無いのですがおやじは持っています)警察署で簡単に取得できます。(当時は1万円掛かりましたが、今は2万円位掛かると思います。)

警察署で、申込用紙に何を販売するのかチェックするんですが通販なので、アマゾンで取扱出来そうな物全部チェックして下さい。

パソコンとプリンター パソコンは古くても大丈夫です。プリンターもA4が印刷出来ればモノクロ(白黒)でokです。スマホはNGです。(限界があります)

ワイド版 Amazon中国輸入ビジネス成功ガイド  これは必ず必要です。アマゾンの出品する上で細かな操作方法があります。

おやブロ
おやブロ

おやじは、 時給1万円稼ぐ 図解Amazon輸入ビジネス を使っていましたが、出版2013.9.24と古いので ワイド版 Amazon中国輸入ビジネス成功ガイド 出版2017.2.24と新しいのでこちらがおすすめします。 アマゾンの操作画面もどんどん進化しています。古い出版分だと解りにくいと思います。

【 FBA 対応ラベルシール 】 Amazon 出品者用ラベル 24面 四辺余白付き A4 100枚はアマゾンで購入できます。

では、具体的にどのようにしたら良いか?ここからは、おやじが実際にやっていた事を説明していきますが、まずは基本的な流れを説明します。

フルフィルメント by Amazon (FBA) を登録する

アマゾンで買い物をした事がありますか?あればアカウント登録は完了しているはずです。あとは、出品登録が必要です。

アマゾンアカウント登録

アカウント登録ですが大口出品か小口出品を選びます。

大口出品(1か月の販売商品数が50点以上だとこちらです。)

小口出品(1か月の販売商品数が49点以下だとこちらです。)

必ず大口出品を選んでください。月々4900円+販売手数料がかかります。

理由

ここでは、おやじのやり方で月々3万円お小遣い稼ぎの説明をしています。恐らく販売点数が軌道に乗ると 1か月100点位になる為

商品の仕入れ(中国から仕入れる)

みなさんもご存じだと思いますが、日本で売られている商品はMade in Chinaが数多く売られています。中国から仕入れして日本のアマゾンで売っていきたいと思います。でも、どうやって仕入れるの?

代理店と契約する

中国語が読み書きできて、尚且つ会話が出来れば、代理店と契約しなくても行けると思いますが、ほとんどの人は、会話すら出来ないと思います。

そこで、代行業者に仲介して商品を購入してもらい日本に商品を送ってもらいます。「タオバオ代行」でググるといっぱい出てきますよ。

おすすめはさくら代行さんです。何度かお願いしましたが親切でした。

中国仕入れなら老舗の中国仕入れのさくら代行へ

さくら代行さんでは、注文した商品を直接アマゾンへ送ってくれるサービスもあります。おやじは頼んだことは無いのですが、そこまでお願いするとパソコン操作以外ほぼ何もしないで出品できますよ(興味が有ったら細かいやり方はさくら代行さんのサイトで調べてみてください)

商品をタオバオで選び注文する

タオバオってご存知ですか?中国最大のショッピングサイトです。

ここで商品を選んでさくら代行さんにお願いします。

注文の仕方はさくら代行さんのサイトに説明がありますので参照してください。

基本的には、商品をタオバオで選ぶ→さくら代行さんで見積もりをしてもらう→見積金額を振込む→さくら代行さんが商品を注文する→商品入荷後国際料金の請求メールが届く→国際料金を振込む→発送→自宅に届く

こんな感じの流れで仕入れます。在庫状況にもよりますが注文から2週間位で手元に届きます。

商品が届いたら検品し包装する

商品が届いたら中身を確認します。確認しながらアマゾンに送る為の小分けして包装します。

包装資材は100均で売っているビニール袋で良いと思います。

届いた商品について

あるある話ですが、不良品が多いです。注文した数が合わないで送られてきたり中国では当たり前? 日本人が几帳面すぎる?のか解りませんが、文化の違いで中国では間違いが普通です。

なので商品が注文した数とあっていなくても、不良品が混ざっていても・・・気にしないである分だけで販売していきましょう。ちょっと損しますが・・おやじの時は、なんとかやって行けました。

不良品は捨てるしかない

不良品は取っておいてもゴミになるだけなので捨てましょう。

勿体ないと思い、おやじも取っておいているんですが置き場が無いです!

取っておいても何の役にも立ちません。

フルフィルメント by Amazon (FBA) で商品を登録しアマゾンに商品を送る

ここのやり方は、言葉では伝えずらい部分があるのでワイド版 Amazon中国輸入ビジネス成功ガイドで図解で説明を見て登録してみてください。

アマゾンに商品を送る(FBA)

ワイド版 Amazon中国輸入ビジネス成功ガイド を見て登録した商品を国際便で送られてきた箱に小分けして包装した商品を入れて着払いでアマゾンに送ります。

以前は、アマゾンに送る送料は無料だったんですけど着払いで送っても後日売れた商品の売上から差し引かれてしまいます。

ここまでが基本的な流れです。アマゾンのFBAは参考書を参考に操作方法を覚えて下さい。最初は大変ですけど慣れれば、同じ操作ばかりなので簡単です。

基本がわかったら、応用で利益3万円を狙う

ここからは、実際になにを売ればいいのか説明していきたいと思います。

ただ単に自分の売りたいものを頼んで売っていたのでは、実は、なかなか売れません。

売り方には、コツがあります。ここからは、おやじ流?(慣れている人はみんなやってる!)をお伝えします。

相乗りで商品を販売していく

アマゾンで販売する方法は2種類あります。

  • アマゾンに登録されている商品
  • アマゾンに登録されていない商品

アマゾンに登録されていない商品とは?

取り扱いが無く新規で商品登録をして販売する方法

今回はこちらは無視します。3万円のお小遣い稼ぎなのでそれ以上を求める場合はこちらも挑戦した方がいいですよ。まずは、慣れてくるまではやらなくていいと思います。

アマゾンに登録されている商品とは?

既にアマゾンで売られている商品です。

こちらをメインで説明していきます。

既に誰かがタオバオから商品を購入してアマゾンで販売している商品を検索して探し注文して販売していきます。

例えば下記キャプチャーですが、オートバイ用のドリンクホルダーです。

日本で売られている金額が1059円+送料無料ですね。

タオバオ(中国)では3.9元で売られています。2019/7現在 1元=15.76円ですので日本円にすると約62円です。

ですが、実際の仕入れは約62円+国際送料+代行手数料+アマゾン手数料です。

細かい計算は1個単位でやると大変です。恐らく1度に50点位いろいろな商品を頼んだと想定して計算するとザックリ 1元 70円位です。

なので目安ですが、おやじは、1元 70円で計算しています。

ドリンクホルダーが3.9元で70円で計算すると273円ですね

日本のアマゾンで1059円-仕入れ273円ですので786円の利益です。

利益の出る商品や裏技などを掲載した冊子があります。

こちらを参考にすると便利ですよ。

Amazon物販をすぐできる本を無料でプレゼント


出品者情報です↓ 

この商品は、今現在1人の方が販売していますね(かなり少ないですね)

大体10人くらいの人が販売していると思った方がいいですよ。


商品登録

商品が届いてアマゾンに登録して販売する場合は、ここから簡単に登録できます。


商品は何個づつ頼んだらいいのか?

利益の出そうな商品を探して最初は5商品を2つづ頼んでやってみたらいいと思いますよ。

慣れてきたら15商品位を

1商品に対し5個から10個づづ

一度に50個から100個位注文していきますと利益が出やすいです。

商品の理想は小さくて軽い物の方が利益が出やすいです。

国際料金が結構高いです。そこで少しでも数多く販売し利益を出したいので、あまり大きい商品や重たい商品は避けた方がいいですよ。

出品に慣れてきてから、大きい物や重たい物も挑戦したらいいと思います。

季節商品やイベント商品を狙って販売する

季節やイベントで動く商品を狙う。

季節もの例

  • 海水浴用品(水着・浮わ・ビーチサンダル等々)
  • 手袋(冬)
  • 傘・長靴(梅雨時期)
  • キャンプ道具(春・秋)
  • 考えればもっとたくさんあります

イベントもの例

  • ハロウィン(仮装もの)
  • クリスマス
  • お正月
  • バレンタイン
  • ホワイトデー
  • 野球・サッカー観戦
  • オリンピック
  • 運動会
  • 考えればもっとたくさんあります

季節ものやイベントものは、販売時期を間違えなければ、かなりの回転率で売れていきます。季節ものやイベント時期の2か月前くらいから出品して時期が近づいて来たら値下げして全部売り切ること

売れ残ると在庫費用がアマゾンから請求されてしまうので値引きしても全部売り切ることが大切です。

値引きについて

値引きは、価格破壊のきっかけになりやすいので気をつけましょう。

アマゾンの出品販売で生計を立てている出品者もいます。ですので安易な価格破壊はしない様に注意しましょう。

年間のサイクルで商品を注文しアマゾンで売る

1月から12月までに月々でやることを計画します。

商品の注文時期(注文してから2週間位かかるので逆算して頼む)

出品は季節やイベント時期の2か月前から出品するといいです。

自分の欲しい物も一緒に頼む

余談ですが、自分の欲しい物も一緒にタオバオで頼んでみては?

日本で売られている商品は、 Made in China の物がたくさんあります。日本で購入する半分以下の金額で手に入りますよ。

しかも単品で頼むと国際送料がバッチリ取られますので便乗して一緒に欲しい物を頼んじゃいましょう!(^◇^)

まとめ

以上が、おやじが実際に実践してきたアマゾン出品ですが、すべてがうまくいったわけでもなく失敗もいっぱいありましたが利益は出ました。

実践してやられる場合は自己責任でお願いします。

ここで説明してきたことを1年間のサイクルでやっていくといいと思います。

これを読んで頂いて少しでも参考になればと記事にさせて頂きました。

ながながと書き読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。