売れる営業マン 商談で新車成約し納車までトラブルが無い様にする事

商談営業マン
スポンサーリンク

新車成約した時は嬉しいですよね。しかし、納車までにやる事がいっぱいあり失敗してお客様とトラブルを起こしたことがありませんか?

売れる営業マンには、成約したお客様に対し納車までの間トラブルにならない為のコツがあります。

おやブロ
おやブロ

日々営業活動お疲れ様です。ここではおやじ流に販売促進を記事にしています。 少しでも参考になればうれしいです。

売れない営業マンはトラブルが多いです。

お客様とトラブルを起こす営業マンは、大抵同じ営業マンじゃないですか?

トラブルの多い営業マンはこんな感じですかね?

  • 成約時にお客様に用意して頂くものを伝えていない。
  • 成約時に細かなお客さまとの約束を忘れている
  • 成約時に連絡していい時間帯や電話番号を聞いていない

成約時にお客様に用意して頂くものを伝えていない。

成約時には、お客様に用意いただく物がたくさんあります。それを伝えず後日連絡しますと返してしまう営業マンがいました。間違いなくトラブります。

用意いただく物

  • 頭金・・最低諸経費分は用意してもらう。(ここはお店のやり方を優先する)
  • 印鑑証明書 1通(下取りがある場合は2通)
  • 車庫証明証書類(駐車場を借りている場合使用承諾証がいつ用意できるか確認)
  • 委任状に実印を捺印 1通(下取りがある場合は2通)
  • 譲渡証明書に捺印 1通(下取りがある場合)
  • 自動車納税証明証 下取り分
  • クレジット申し込み証(クレジットで購入の場合 印鑑証明書も必要になる場合があります。)
  • 自賠責保険の解約書に捺印 1通(下取りがある場合)
  • その他 お店独自の必要な物

上記の内容をパソコンでフォーマットを作成しコピーを取りお客様と一緒に確認し回収日を決めて下さい。

書類回収の日時と時間もその場で必ず約束しその約束を守る事。(当たり前ですが・・)

成約時に細かなお客さまとの約束を忘れている

意外と多いのがこのトラブルですね 例えば、日中は仕事なので連絡は18時以降にしてほいしとか、納車の時はシートに被せてあるビニールを剥がしておいてほしいとか、ちょっとした約束を守らない。

約束を守ることは、今後の代替・増車・紹介につながります。ここが守れないと、このお客様もこの1台で終わってしまいます。

優秀な営業マンの特徴は、ここで差をつけてきます。

成約時に連絡していい時間帯や電話番号を聞いていない

連絡がとれないで、後手後手にやる事が回ってお客様とトラブルに合い、しかも余計な時間を使い普段の営業活動が出来ず次につながらない。

納車日までに何回かお客様に連絡が必要になります。必ず連絡がとれるようにしておきましょう。

まとめ

商談後、成約してから納車までは、お客さまは営業マンに期待しています。ここで、スムーズに納車出来ないと次の代替・増車・紹介につながりません。売れている営業マンはここで差が付きます。

やっと成約しても、お客様とトラブっていたら意味が無いです。売れない営業マンは納車までにトラブルが多くトラブル処理を仕事と勘違いしています。少しでも無駄な時間を省けるように頑張りましょう。

おやブロ
おやブロ

考え方ややり方はいろいろとあります。 ここでの説明は、おやじ流ですので参考までに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。