売れる営業マンの販売促進で未入庫ユーザーへの入庫促進が販売台数を伸ばすコツ

売れてる営業マンの販売促進で未入庫ユーザーへの入庫促進が販売台数を伸ばすコツ
スポンサーリンク

全くお店に入庫頂けない既存のお客様っていますよね? そのお客様が自分の営業活動の一環で入庫頂けるようになり、しかも自分の接客スキルも向上し販売促進につながればいいと思いませんか?

おやブロ
おやブロ

日々営業活動お疲れ様です。ここではおやじ流に販売促進を記事にしています。 少しでも参考になればうれしいです。

未入庫ユーザーのほとんどがお店に対する不信感です。

未入庫ユーザーのほとんどがお店に対する不信感です。

お店に来店されないユーザーをフォローして

自分のフォロースキルを高めていくか、

それとも来店したくなければそのままにし、

何もしなくても来店してくれるユーザーだけを

フォローするかは、

自分次第ですが売れてる営業マンはここで差をつけています。

  • 整備代・約束・整備不良等、説明不足による不信感
  • 営業担当が何人も変わりあいさつも行かず疎遠になっての不信感

整備代・約束・整備不良等、説明不足による不信感

整備代

お客様にちゃんと説明もしないで整備を進めてしまい、

いざお渡しする時に整備代の言った言ってないの

トラブルで不信感をもち入庫して頂けくなるケース

約束

特に多いのが時間ですね。

約束の時間に終わらない場合は、

分かった時点で連絡しておけば良かったのに・・

そのままにしクルマを引き取りに来店されたら終わっていないケース

説明不足

故障の症状が、車両をお預かりした時には

直っていてよくわからない時に、

「考えられる箇所を点検しましたが、症状が確認が取れないので様子見て頂けますか?」の

説明不足で何も説明しないまま車両を渡してしまい

「直っていない!」とクレームを受け不信感を与えたケース

こうなると、お客さまが帰宅後すぐに謝罪をしていればいいのですが・・・

そのままにしていると入庫頂けません。

営業担当が何人も変わりあいさつも行かず疎遠になっての不信感

営業担当が何人も変わりあいさつも行かず疎遠になっての不信感

ここは、お店の事情がありますがお客様には関係ないです。

クルマをこのお店で販売し、

お客様が乗り続けている以上は

アフターフォローは絶対だと思います。

車検・点検だけのフォローになっていませんか?

ここで、あなたが担当になったならばアフターフォローをし

入庫頂けるように営業活動が必要です。

その為にはクルマのメンテナンス知識が必要です

下記記事参考にして下さい。

未入庫ユーザーへの販売促進の第一歩は整備入庫頂く所から始めましょう。

先ずは、入庫頂く事です。

入庫頂く前から販売促進すると逆効果です。

もちろん車検や点検も入庫頂いていないので、オイル交換から進めましょう。

「なんでもいいので(整備内容)入庫頂けませんか?」と声かけからし入庫頂けない理由を聞出す。

お客様も入庫促進されると悪い気持ちはしないので入庫促進をお勧めします。

お店独自の無料点検やその他、(販売以外)の

入庫促進キャンペーンがあれば必ず入庫促進しましょう。

その時にご来店の時は自分が対応しますので!と

声掛けも忘れずに!

整備入庫された時は、自分が対応する

入庫促進の結果、入庫頂いた時は必ず自分が対応しましょう。

入庫頂いた時に、気づけない時があります。前もってサービスフロントマンに入庫頂いた時に教えてもらえる様に声掛けが必要です。

ここで重要な事

整備説明は、サービススタッフが説明してもらってもいいのですが、整備代金のやり取りは必ず自分がやってください。お金のやり取りは信頼度がアップします。

少しでも入庫癖が付くように促進し続けましょう。

信頼されるようになると、

お客様から自然と連絡が来るようになります。

その時こそ営業マンの本領発揮で販売促進していきましょう。

まとめ

未入庫ユーザーは、

きっかけ次第で入庫して頂けるようになりますが、

そのままでは入庫頂けません。

入庫促進する事で、営業マンとしてもスキルアップできますので

率先して既存ユーザーと接触していきましょう。

おやブロ
おやブロ

考え方ややり方はいろいろとあります。 ここでの説明は、おやじ流ですので参考までに!

★ 出会えるイククル(18禁)★
★ 出会えるイククル(18禁)★
会員素人率┓┏┓┏┓
サクラ無し┻┗┛┗%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。