老後の生活費足りない! 年金だけでは足りない 定年後も働く理由!

老後の生活費足りない! 年金だけでは足りない 定年後も働く理由!
スポンサーリンク

人生100年時代! 長生きできる時代になってきましたが、みなさんは老後の貯金の準備は順調ですが? テレビや新聞・雑誌では老後の資産2000万とか言われていましたけど・・定年までに「そんなお金ない!」でも、時は刻々と過ぎて待ったなしです!

この記事でわかる事

  • 老後の心配を40代からする事で定年退職後がどうなるか?解説しています。
  • 老後の生活費を40代から貯蓄する為にどうしたらいいか解説しています。

この記事はこんな方におすすめです

  • 30代・40代・50代の老後の資産の運用を考えている方
  • 老後も生活費の為に働く必要があるのか考えている方

定年後も働いている人の割合が多いのにびっくりしました。

しかも、40代・50代世代は、老後75歳くらいまで働く様になるとか・・

定年退職後も働く理由 引退しても働く?

定年退職後も働く理由 引退しても働く?

定年退職後も働く理由がありました。

  • 老後の生活費が年金だけでは足りない
  • 老後の生活費は足りているが、やる事が無い

老後の生活費が年金だけでは足りない

多くの人が、年金だけでは生活費が足りなく再雇用やアルバイトで生活費の足しにしていました。

厚生年金をもらっていても、生活がきついそうです。

国民年金だけでは、「生活が出来ない」とまで言われています。

確かに年金だけでは生活が苦しい事は、なんとなくわかりますが以外と貯蓄2000万円以上持っている人も生活費が足りないと働いている様です。

実は、老後の貯蓄が2000万円を持っていても不安を感じで働く理由がありました。

老後2000万円問題 定年退職後も働く理由

今現在の定年退職の年齢は65歳で早期退職が60歳ですよね

でも人生100年時代です。定年後40年間2000万円あっても足りますか?

病気もしないで60歳から100歳まで生活出来れば行けるんですかね?

いくら年金をもらう権利があっても、定年退職後はまだまだ働ける内は、年金に頼らず「繰り下げ支給」し、70歳まで働き少しでも不安を解消する人も多いそうです。

年金制度

以外と知らない人が多い、年金の支給開年齢ですが、今現在の制度だと65歳から支給開始年齢でが、支給開始年齢を早めたり、遅らせる事が月単位で調整出来ます。


請求可能期間
請求単位受給額増減(月当り)
繰り上げ支給60~64歳1か月▲0.5%減
繰り下げ支給66~70歳1か月0.7%増

早ければ、60歳から支給してもらえます。遅くすれば70歳まで支給の調整が出来ます。

老後の生活費は足りているが、やる事が無い

老後の生活費は足りているが、やる事が無い

定年退職後、住宅ローンも終わっていて子供達も自立し老後の資金も十分に余裕があっても、働いている人もかなり多い事に驚きました。

働いている理由がいくつかありました。

  • 団塊世代で時代は「死ぬまで働け!」で若い時から教育されてきた人
  • 人生を仕事漬けで、いざ引退しても何していいかわからない人
  • 世間と繋がっていたいから

定年退職後もバリバリ働かれる人が多いんだと感じました。

しかし、働くためには、体力が必要です。人生100年時代になった今、年齢65歳では、まだまだ若いですよね? 定年退職後、直ぐに働けるモチベーションが凄いですよね。

おやじ的には、半年ぐらい休んでから働いてもいいんじゃないかな・・と思いますけど・・40代世代の自分には解らない領域なんでしょうね。

老後の生活!昔の日本は?

昔の日本は、年寄りを子供たちが面倒を見ていませんでしたか?

その時代は、少ない年金だけでも十分に生活出来たんだと思います。

しかし今現在は?

子は、親と同居せず別に生活し それぞれ自分達で生計をたてるのが当たり前の時代になってしまいました。

40代・50代は自分達で今は生活出来ますが、親は、定年退職し不安を抱えながら生活しています。 同居すれば、昔の日本の様に生計はうまく行くはずなんですが、今の時代は、同居は難しいですよね・・・(特に嫁姑問題がでかいです!)

40代・50代は、20年後に自分達の親と同じ不安の思いが待っています。

その為に今から出来る事を考えていきましょう。

年金の支給開始歳が70歳になる?

我々40代・50代世代の年金の支給開始歳が70歳になると言われています。

そうなると、「繰り下げ支給」すれば75歳まで働ける?(その歳まで働きたくない人もいると思いますが・・)

70歳からは体力勝負ですよ! ですが、今から老後の資産を考えて行けば十分に余裕が生まれ、働くだけの体力が衰えた時に、老後の生活費の足しになります。

でも、どうやって貯めますか?

老後の生活費を貯める

老後の生活費を貯める

とにもかくにも貯金ですか?40代から貯め始めれば70歳まで30年間でかなり貯まるんじゃないですか?

でも中々貯まらないんですよね・・少し貯まると使っちゃうんですよね・・・

クルマの頭金とか家電や家のリフォームとか、何かと入用になりますものね・・

しかしそれでは、ダメです! 何とかしないと!

老後に備えて、給料天引きで貯める

おやじも、始めましたが給料天引きで銀行に貯金では無く、他の機関に預け預けた資産を運用し増やす方法です。

こんな感じの貯め方どうですか? 

例えば銀行に貯金すると

  • 毎月5万円づつ貯めると手元の通帳に残る
  • 貯金したお金にも税金がかかる
  • 貯金しても利息が安い

この場合は、手元に5万円づつ貯まり増えてくると使ってしまうパターンですね

しかも貯めたお金には、税金がかかっています。さらに利息が安い。

しかし、他の機関に預けるとどうなる?

  • 給料天引きで、知らない内に物凄い金額が貯まる
  • 天引きされている分は非課税になる
  • リスクはありますが、資産が増えます。

他の機関に預ける事で、何年も無い物と思って預け続けると ものすごく貯まります。

例)

5万円×12カ月 = 60万円×10年間 = 600万円 ここまでは同じです。

預金の場合は、支給された給料の5万円ですから課税対象になり10%くらい持って行かれます。10%なので5000円ですね

5000円×12カ月 = 60000円×10年間 = 60万円が税金として課税されています。

しかも利息は?0.001位ですかね?無いに等しいですよね

同じ600万円貯まっても給料で60万円税金として取られているので540万円くらいですか・・・

他の機関の場合、5万円給料から天引きになりますが非課税なので10年間でそのまま600万円貯まり、しかも貯まった資産も運用されているのでプラスで配当金が貯まります。

5万円で、10年で600万円ですが、10年もかかります。40代から始めれば20年は貯められますので、今から始めないとどんどん遅れてしまいます。

NISAや iDeCo で非課税でお得に貯める

NISAや iDeCo で非課税でお得に貯める

NISAニーサ(小額投資非課税制度)や (個人型確定拠出年金 )iDeCoイデコ

つみたてNISAニーサ(小額投資非課税制度)

積立ニーサは、20年間 年間40万円まで非課税になる制度です。

2014年から始まったNISA  小額投資非課税制度 です。

(個人型確定拠出年金 )iDeCoイデコ

イデコは平成13年から実施されていましたが、自営業の方のみしか加入できませんでしたが、平成29年からは、会社員・公務員・専業主婦の方も追加で加入できるようになり、今NISAについで人気があります。

イデコは、60歳まで預けたお金は引き出しが出来ません。

イデコは、20歳から60歳までの加入対象ですが、今40歳の人が新規で加入する場合 40歳から60歳までの20年間しか掛けられません。 例えば、さかのぼって20歳から40歳までの分を一括で全納する事が出来ません。

要するに、加入した年が遅ければ遅いほど、掛けられる年数が減ります。

知らないと損をしてて 加入していない事で、余計な税金を取られています。

不動産投資で資産を貯める

不動産投資は、運用に時間が掛かります。30代で始められればベストですが、遅くても40代で始めないと65歳過ぎても残債が残ってしまいます。早めに動くのが得策ですね!しかし老後には生活費が安定しますね!

会社員の方や公務員の方は、元金が少なくても投資できます。

元々不動産投資に興味があり真剣にマンション狙いならここがいいと思います。バスツアーで現地内見をしっかりやってくれます。40代の今なら狙いですね。

プレサンスが投資マンションを選ぶポイント教えます!限定15名のバスツアー開催中!


( 希少物件あり)都内のマンション狙いならここがおすすめです。

非公開物件専門で案内をしてくれます。

非公開中古物件マンション投資【マンション経営】

株式会社ティー・フィック


低資金で、一戸建て狙いならこちらがおすすめです。

おやじ流で資産運用の解説しています。参考に!

不動産投資には、興味はあるが何かと難しいと思って、手が出せないでいませんか? 若いうちは失敗しても取り返しがつくと思い30代の時に自己資金300万位で不動産投資に挑戦して見ました。 実際に、不動産投資して試算してみましたら、大儲けは出来ませんが確実に資産を増やす事が出来たので記事にしました。

まとめ

人生100年時代になって、40代・50代の我々世代は 今から備える事で20年後・30年後が生活費の安定が見えてきます。早めの行動がカギですね

人生100年時代になって、40代・50代の我々世代は 今から備える事で20年後・30年後が生活費の安定が見えてきます。早めの行動がカギですね

しかし、定年退職後に働く理由が「やる事が無く世間との繋がりを持ちたい」とは・・ちょっと寂しい感じがしました。

老後の資産も大切ですが 仕事だけではなく何か楽しみを今の内から探しておくのも大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。