LBT-HS400 ハンズフリー bluetooth 高性能 使いやすさ抜群!商品ブログレビュー

LBT-HS400 ハンズフリー bluetooth 高性能 使いやすさ抜群!商品ブログレビュー
スポンサーリンク


「自動車の運転中は、ハンズフリーで通話しています。」

って言う人は、何人いますかね?

運転中にすれ違う対向車を見ると、ポツポツとハンズフリーを耳に付けている人を見かけますが…

堂々と「ながら通話」している対向車の方が多いと思いませんか?

違反切符が、怖くないんですかね…(T_T)

捕まって罰則金を払うなら、

ハンズフリーを数千円で買って使った方が、

安全で尚且つ安いです(≧▽≦)

なので今回は、数ある中でも使いやすさが良かった

ロジテックのハンズフリー「LBT-HS400」を紹介させて頂きます。

この記事でわかること

運転中に使う為に、ハンズフリーを検討しているなら、

値段と機能的にも、LBT-HS400が使いやすかったです。

実際に使った時のメリットとデメリットを紹介しています。

ブルートゥースイヤホン LBT-HS400 おすすめ

Amazonで価格を調べる


このHS400のハンズフリーで、3個目の代替えです。

このハンズフリーの他にも、いくつか違うメーカーの物を使って見ましたが、このHS400が使いやすかったので、使い続けています。

セット内容は、こんな感じです。

ハンズフリー機能 メリット&デメリット

実際に使って見て、使いやすいところと、使いづらい所を紹介します。

  • LBT-HS400 とにもかくにも安い
  • LBT-HS400 ノイズが少ない
  • LBT-HS400音楽も聴ける
  • LBT-HS400 ハンズフリーボディーがコンパクト
  • スマホとの再接続に時間が掛かる

LBT-HS400 ハンズフリー とにもかくにも安い


初めて使って見ようとするなら、かなりおすすめです。

HS400はAmazonで、全て買っています。

理由は、どこよりも安く買えるからです。

1,000円台で、売っていたら買いです!


カラーも、いくつかありますが、機能は同じなので、

いつも購入する時は、

その時に、一番安いカラーを買うようにしています。

LBT-HS400 ハンズフリー ノイズが少ない

「ノイズが少ない」

とにかく雑音が無く、通話の会話が鮮明に聞こえます。

運転中では、周りの雑音で高音を拾いやすい感じはあります。

例えば、

ウインカーの「カチカチ」音はよく聞こえてきます。

通話中の会話に支障がない程度で「カチカチ」音、

要は、高音を拾いやすいです。

LBT-HS400 音楽も聴ける


音楽を聴くことのできないハンズフリーもありますよね?

以前、別のハンズフリーを使っている時がそうでした。

基本的に音楽を聴くことは無いんですが、

このHS400のハンズフリーは

スマホゲームのBGMが聴けるのは便利です。


音楽が聴けるか聴けないか

ハンズフリーを選ぶ時に注意した方がいいですよ!

LBT-HS400 ハンズフリーボディーがコンパクト


HS400のハンズフリーは、ボディがコンパクトなので長時間、耳に付けていても疲れないです。

どのメーカーも、さほど重さに差は無いと思いますが、実際に使って見ると重さを感じないくらい軽くて使いやすいです。

ハンズフリー スマホとの再接続に時間が掛かる

かなり使いやすいハンズフリーですが、

デメリットは、やはりあります。

スマホとハンズフリーをリンクさせた状態で、

スマホとハンズフリーの距離を引き離すと、リンクが途切れます。


例えば、

スマホを車中に置いておいて、

ハンズフリーを耳に付けたまま、

クルマを降りてコンビニに入ってしまうと

スマホとハンズフリーのリンクが切れます。


再度、スマホとハンズフリーをリンクさせようとすると

すぐには、リンクしません。

以前使っていた、別のメーカーのハンズフリーは、

再接続が、自動でしたが音楽が聴けなかったので、使いづらかったです。


HS400のハンズフリーの電源をOFFして、少し時間が空けて再度ハンズフリーの電源をONすれば、再リンクされます。

スマホとハンズフリー 通話 やり方


ハンズフリーの操作は簡単です。

他のメーカーも、ほぼ同じ操作だと思いますが、

ON・OFFは↑写真のボタンを押すだけです。

通話は、ボタンを軽く押すとON・OFFが出来ます。

ハンズフリーの電源のON・OFFはボタンを長押しすると出来ます。

LBT-HS400 iphoneの設定
(ペアリング)


初めて使う時に、スマホとハンズフリーをリンクする必要があります。

簡単ですので、紹介させて頂きます。

ハンズフリーとスマホの接続方法(ペアリング)

  • LBT-HS400 ハンズフリーの準備
  • スマホの準備


スマホと LBT-HS400 ハンズフリーをリンクする事を「ペアリング」と言います。

LBT-HS400 ハンズフリーの準備


ハンズフリーの電源ボタンを8秒以上長押しします。

長押しすると、↑の写真の様に

交互に青と赤のランプが点滅します。

ハンズフリーの準備は、これで終わりです!

つづきましてスマホの準備です。

スマホの準備


スマホの準備も簡単です!

ハンズフリーが、赤・青点滅中にbluetooth を設定します。



bluetoothを選択する



bluetooth をONにする

デバイスが、ハンズフリーを探し出します。



何秒かすると、「LBT-HS400」と表示が出ます。

LBT-HS400をクリックすると、自動でリンクします。




接続完了です。

これだけで、すぐに使えます。

Logitec ロジテック Apple Watch対応 iPhone6s/6s Plus対応【iPhone5にも対応】 Bluetooth3.0対応 音楽も聴ける超小型ヘッドセット HS400Mシリーズ ブラック LBT-MPHS400MBK

Amazonで価格を調べる


ながら通話は、とても怖いんですよ!

罰金が強化されたので記事で紹介しています。

是非参考に!

まとめ

捕まって罰則金を支払うなら、数千円でハンズフリーを使った方が安全でしかもお得です。

堂々と「ながら通話」して取締している警察官の成績に貢献しても意味が無いので、数千円で出来るハンズフリーで対策しましょう!(*^^)v

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。