タイヤのパンク修理diy 車のパンク修理を自分で直す!修理費用節約する

タイヤのパンク修理diy 車のパンク修理を自分で直す!修理費用節約する
スポンサーリンク

みなさんは、タイヤのパンクをして困った経験がありますか? 

パンクした時にどのように対処していますか? 

タイヤがパンクしているのを、気づくときって 急いで出掛けたい時に限ってパンクしていませんか?

この記事でわかること

クルマのパンク修理をDIYで自分で直す、やり方を紹介しています。

パンク修理で用意する物も紹介しています。

この記事はこんな方におすすめです。

  • 自動車の整備に興味があり簡単な作業なら自分で直してみたい人におすすめです。

タイヤがパンクして ぺちゃんこに!

タイヤがパンクして ぺちゃんこに!

朝、出掛ける時に ぺちゃんこになったタイヤを見て「今日も一日終わったな」とがっがりさせられませんか? 

自分でスペアタイヤに付け替えできる人は、急いで取り換えてから出掛けられますが、取り換えられない人は困っちゃいますよね・・・


JAFやロードサービスに連絡して、スペアタイヤに取り換えてもらうか、近くのガソリンスタンドまでレッカー移動してもらい パンク修理してもらうしか手段が無いですよね。

おやブロ
おやブロ

以前、知人で自分で取り換えられない人がいて困っていました。「時間も無いし、自分でもどうしたらいいのか、わからない・・・」でどうしたか? そのままガソリンスタンドまでぺちゃんこのまま走行したらしいです・・ タイヤはボロボロになりホイールもガリガリに傷つき 結局 タイヤとホイールの交換になり痛い出費になったとか・・・

タイヤ がパンクしたらどうする?

タイヤ がパンクしたらどうする?

パンクした時に、パンクしたタイヤをどのように修理していますか?

  • 修理工場(ディーラーやガソリンスタンド)に持込んで修理
  • 自分でタイヤのパンク修理

修理工場(ディーラーやガソリンスタンド)に持込んで修理

修理工場(ディーラーやガソリンスタンド)に持込んで修理

ほとんどの人が、これですよね

仕事帰りや、休みの日に修理工場に持込みパンク修理してもらう感じですかね? 

パンク修理の費用ていくらくらいですか? 

2,000円から2,500円位ですかね? 

プロの整備士のひとに作業してもらえるので安心ですね。

自分でタイヤのパンク修理

今回のブログ記事のメインになるところですね。

誰でも、パンク修理が出来る? 

おそらくパンクしたタイヤをスペアタイヤに取り換える事が出来るスキルがあればできますよ(^◇^)

パンク修理をする前に、まずパンクしている箇所が修理できるパンクかどうか考えましょう。

タイヤのパンクで修理 できない場所があります

タイヤのパンクで修理 できない場所があります

タイヤのパンクが修理できる箇所は、タイヤが路面に接する場所(トレッド部)だけです。しかも釘やネジの様な物が刺さっている場合だけです。

では、修理できない箇所は?

  • ショルダー部
  • サイドウォール部
  • ビート部

例えば、

いたずらで、サイドウォールの部分をパンクされるとか、あるみたいですけどその場合は、タイヤを交換するしかないですね

タイヤのパンク 修理を diy

ドレッド部分にタイヤが刺さっています。
ドレッド部分にタイヤが刺さっています。

こんな感じのタイヤに釘が刺さっている定番のパンクです!

では、本題に入ります。 自分でパンク修理をしていきます。

パンク修理に必要な道具は、解説の最後にまとめてお知らせします。

手順的にはこんな感じです。

  • タイヤにエアを入れる為のコンプレッサ とパンク修理キット を用意します。
  • タイヤの釘を抜く
  • タイヤの穴を広げる
  • タイヤの修理材をタイヤに刺す
  • 修理材をカット
  • エア漏れチェックして完了

順番に解説していきます。

タイヤにエアを入れる為のコンプレッサを用意します。

PUMA SR-045

タイヤの釘を抜く

タイヤの釘を抜く

まずは、この突き刺さったタイヤの釘を抜きます。 抜き方は、ペンチやノーズプライヤーなどで抜きましょう。

タイヤの穴を広げる

タイヤの穴を広げる

釘を抜いたら、抜いた穴を スクリュードライバー で穴を広げます。

ここポイントです。

穴を広げる理由は、 この後に修理材 (インサートドライバー) を刺し込むんですが、穴が小さすぎて入りません。 

なので

スクリュードライバー でゴリゴリに穴を広げます。 

広げ方は、上下に抜きさしを繰り返したり回したりして広げます。 

スクリュードライバー で広げ終わったら、 スクリュードライバー を刺したまま、ここで少しタイヤにエアーを足します。

タイヤエアゲージで0.25位までエアーを補充します。

タイヤのエアーが少ないと作業しずらいです。

インサートドライバー に修理材をセットする

インサートドライバー に修理材をセットする

修理材のラバーは、ベトベトしています。初めてパンク修理をする人は セットしにくいかもしれませんが、頑張ってやってみて下さい。 

インサートドライバー に修理材をセットしたラバーにボンドを塗布します。

ボンドを塗布したら、 スクリュードライバー を抜いて、エアーが抜ける前に 修理材をセットした インサートドライバー を、一気に穴に刺し込みます。

ここポイントです。

ボンドは多めに塗布して下さい。

ここをケチるとエア漏れの原因になります。

最初は、修理キットに付属されているボンドでokですが、ボンドが無くなったらこれおすすめです。

タイヤの修理材をタイヤに刺す

インサートドライバー は、必ず奥まで刺し込んでください。

ここポイントです

刺し込みするとわかりますが、奥まで刺しこむと かなり固いです。

なかなか奥まで刺さりません。 

諦めたくなるくらい固いです。

頑張ってください。

タイヤのエアーが少ないとなかなか刺さらないですよ!

パンク修理材をカット

パンク修理材をカット

インサートドライバーを奥まで刺せたら、一気に勢いよく抜きます。  抜き終わったらタイヤから飛び出ているパンク修理材をカッターでカットします。

飛び出しているパンク修理材は、カットしなくても そのままタイヤは使えますが 飛び出しているパンク修理材が削れるまでゴトゴト音がすると思いますが問題はありません。

ここポイントです

インサートドライバーは、思いっきり勢いよく引き抜いてください。 

ゆっくり引き抜くと修理材も一緒に抜けてしまいます。 

そうなるとやり直しになってしまうので、必ず勢いよく抜いてください。

エア漏れチェックして完了

エア漏れチェックして完了

ここまで来るともう少しで終わりますので頑張ってください。 最後に修理した部位と他にエア漏れしていないか確認します。 

石鹸水で霧吹きで漏れをチェックして下さい。 

ブクブクとエア漏れしていなければokですよ(^◇^) 

せっかく直したのに、他が漏れていて、またやり直すとなるとテンションが持ちません!

ごく稀に、もう一カ所パンクしている時があります。

パンク修理したのにタイヤがぺちゃんこに、なっていたら がっかりですよね

車 パンク修理キット おすすめ パンク修理 道具

タイヤのパンク修理に用意した道具や工具

パンク修理に使った工具は、家にある物もあると思います。足りない物だけ用意すれば簡単にパンク修理できますよ(≧▽≦) ちょっと自慢も入りますが1つ1つ用意するものを説明します。

  • ノーズプライヤー・プライヤー・ニッパー
  • パンク修理キット
  • エアコンプレッサ

ノーズプライヤー・プライヤー・ニッパー

ノーズプライヤー・プライヤー・ニッパー
左から ノーズプライヤー・プライヤー・ニッパーです。

これは、元々持っていませんか? これだけあれば 釘やネジは、簡単に取れます。 最低、ノーズプライヤーとニッパーが有ればいけますよー(^◇^)

パンク修理キット

持っていますか? 持っているわけないですよね(≧▽≦) 用意するならおすすめがありますよ!


ポーチ付きで、パンク7回分セットで おやじも これを使っています。

メルテック パンク修理キット オートバイ~乗用車・4WD車まで 収納ケース付き その他5種セット Meltec ML-331

スクリュードライバー
スクリュードライバー
インサートドライバー
インサートドライバー

メルテック パンク修理キット オートバイ~乗用車・4WD車まで 収納ケース付き その他5種セット Meltec ML-331

ラバーボンド
ラバーボンド

修理材のラバーに付属のボンドを塗布するんですけど、多めに使うと直ぐに足りなくなってしまいます。そんな時は、おすすめのボンドもあります。

たぷりの200ccです。おやじも 今これを愛用しています。キャップ側に刷毛が着いているので使いやすいです。


エアコンプレッサ PUMA SR-045

エアコンプレッサ PUMA SR-045
エアコンプレッサ PUMA SR-045

ここは少し、自慢させて頂きます。 通常 使いやすさを考えて、エアコンプレッサを持っている人なら30Lタンクの物を買いたいと思いませんか? 

なぜ? 

タイヤのパンク修理以外にも家庭用のエアコンや掃除機のフィルターを掃除に使え、いろいろな用途に使えるからです。 

だから買う時は30Lタンク位の大容量の物が多く所有している人が多いんですが・・・ 

(おやじ的には、実は30Lのエアーコンプレッサーも持っています。)



写真を見てもらえばわかると思いますが、 PUMA SR-045  4Lタンクの小さなエアコンプレッサです。 DIY好きな おやじ的には、持ち運びが出来るタイヤ交換専用としてこのコンプレッサーを買いました。

バカですね(*_*) なんで買ったのか?

「基本的に男はアホなので 変なこだわりがあります。」

DIYでも形から入る為、こだわりの道具が欲しいんです! 40代のおっさんだったらわかりますよね? 共感してくれる人沢山いると思いますよ(T_T)/~~~

おやじの場合は、こんな感じです。

家族が出先でパンクした時に、このセットを持って行けば、電気さえあればその場で直せる! 自慢の道具でパンク修理をその場で直せる!って感じです(^◇^)

自己満足なんですけど、自分のこだわりの道具を使えればうれしいんですけどね!

エアーコンプレッサーSR-045のレビューも別記事で紹介しています。

是非見てみて下さい。

puma sk11 エアーコンプレッサー sr-045

写真を見てもらえるとわかると思いますが、コンプレッサ本体が綺麗だと思いませんか? 実は 購入してから2年経っています。 

ちゃんとパンク修理しようにケースも用意して収納している為 コンプレッサも綺麗なまま使っています。

大切にしているんです! 

DIYに興味があり道具を大事にしたいなら このコンプレッサはおすすめです。


SK11 エアーチャックガン ダブルタイヤ対応 米式バルブ用 ATG-002

これが無いと、タイヤの空気圧がわかりません。 信頼のメーカーSK11です。

SK11 エアーチャックガン ダブルタイヤ対応 米式バルブ用 ATG-002


まとめ

最後の方は、工具の自慢話になってしまいましたが、タイヤのパンク修理は 手順さえしっかり守れば簡単にできますよ。 

タイヤパンクの修理をお店にお願いすると2,000円から2,500円くらいかかると思いますが、何回か、パンク修理すれば すぐに元が取れるばかりか、DIYアイテムが手元に残ります。 

DIYに興味がある人は、おすすめの作業ですよ。 

頑張ってやってみて下さい。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

タイヤのパンク修理diy 車のパンク修理を自分で直す!修理費用節約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。