ぶかぶかした床の補強をコンパネとカーペットでdiy、1日で安く仕上げる!

ぶかぶかした床の補強をコンパネとカーペットでdiyで、1日で安く仕上げる!
スポンサーリンク


投資用物件を格安で購入し、diyリフォームをしています。

投資用物件で賃貸中の借主さんから

「キッチンの床が、ぶかぶかしていて

今にも床が抜けそうなので何とかして欲しい…」と

不動産屋経由で話があったんです。



床を張り直すにしても、

賃貸中の物件なので、何日も工事できないし…

でも、

このままでは、床が抜けたら危ないし…

どうしよう…

この記事でわかること


キッチンの床が、経年劣化でぶかぶかして

床が抜けそうなのを、コンパネで張り増しし

カーペットを敷いて修繕してみました。


補強をして修繕した結果、

みっちりした床になったので

diyに興味があり

ぶかぶかした床を直したいと思うなら

おすすめ出来ますので、紹介させて頂きました。

 

キッチンの床が、ぐにゃぐにゃ…


早速、

ぐにゃぐにゃした床が、

どんな状態か現場を見に行って見たんですよ


確かに、

床が、ぐにゃぐにゃしていて

今にも床が抜けそうになんですよ(T_T)


原因は、

築年数が古く、生活していて

一番使う場所ですから、へたりますよね…


見たところ、

床の張り替えが、必要な状態でした。

冷蔵庫と茶だんすが、じゃまで大工事になりそう

借主さんが、生活しているわけですから…

当然ありますよね…冷蔵庫とか…

簡単に移動する場所なんてないし…

何日も、工事する余裕も無いし…


そこで考えたのが、コンパネを使って

今、ぶかぶかしている床に

貼り増ししたら?でした。


しかも

冷蔵庫や茶だんすは、そのままで

コンパネを加工して、床にコンパネを

貼り増しするんです。

貼り増ししたコンパネには、

カーペットを加工して敷きます。


そうすれば、工期が1日で終わります。

diy費用も最低限に抑えられます。


借主さんが住んでいる間は、これで乗り切ろうかと!

不動産屋さんと、借主さんにもokをもらい

ぶかぶかした床にコンパネを貼り増しする事になったんです。

床材選び!コンパネ12mmと
ハサミで切れるカーペット

床材選び!コンパネ12mmと
ハサミで切れるカーペット


床に使うコンパネは、12mmを使用します。


基本コンパネは、

9mmと12mmの2種類あるんですよね。


9mmでも12mmでも

コンパネを貼り増しすると

キッチンから玄関と、

キッチンから脱衣所の移動に

段差が出来てしまうんですけど…


玄関側には、5mmくらい高くなって

脱衣所側は、元々2cmくらいの段差があったので

コンパネを貼り増しすると

ほぼバリアフリーになるので、段差の問題は無いですね。


12mmのコンパネを加工して

冷蔵庫と茶だんすを避けて床に貼り増しします。

ハサミで切れるカーペット


カーペットもコンパネに合わせて加工をして敷きます。


カーペットにするのか、クッションフロアで敷くのか

考えましたが、値段でカーペットにしたんです。


理由は、

ハサミで切れるカーペットがあったからなんです!


知っていましたか?

簡単にハサミでカット出るカーペットがあるのを!




カーペットをホームセンターで購入して

ホームセンターで、カット加工してもらおうとしたら

高額なカーペットしか加工してくれないんですよね


カット加工が出来ない為に困っていたら

お手頃価格で、ハサミで切れるカーペットが

有るのがわかったんですよ!

今回は、ニトリで購入したんですけど

ネットでも買えます!

一応リンク貼っておきますので参考に!

床の補強を
コンパネとカーペットでdiy

cm表示です。


材料がそろったので、1日で施工してみます。

6畳間のキッチンです。

流し台と冷蔵庫に茶だんすを避けて

採寸すると↑こんな感じです。

ぐにゃぐにゃの床にコンパネを加工


12mmのコンパネをサイズを合わせて

敷いていきます。


順調に、コンパネ加工が進んでいますが

ここからが、細かな加工になるんですよね

冷蔵庫を移動せずに、コンパネを敷いていきます。



コンパネを加工して縁取っていきますが

コツは、1cmくらい小さめに

コンパネを加工するといいですよ

コンパネに少し余裕がある方が、はめ込む時に

作業しやすいです。



コンパネのすき間は、

コンパネの上からカーペット敷くことで

隠れますので問題ないですよ!

ハサミで切れるカーペットを加工


カーペットをハサミでは無く、カッターで加工してみました。

カーペットを裏返しして、採寸通りマジックペンで図を書きます。

マジックペンで、書いたとおりに

カッターでカットしていきます。


作業完了です!

1日で完成しました。

カーペットでも、クッションフロアでも

どちらでもいいと思いますが

今回は、カーペットで施工してみました。

床の補強で掛かった費用は?


床の補強に掛かった費用ですが

かなり格安で仕上がったんですよ。

コンパネ12mmが 6枚

カーペット6畳用 1枚

コンパネが、7000円位で、

カーペットも7000円位でした。

合計で、14000円です。

まとめ


コンパネを12mmにしたら、ぶかぶかした床が

みっちりしましたよ。

しかも、ぶかぶかしていない床も丈夫になるので

安心できますよ。

1日で作業出来て、

フロア全体の強度も良くなるので、

わざわざ、床を張り替えなくても

いいかもです。



床の張り替えを検討されているなら

張り増しも有りだと思いますので

是非参考にしてみて下さい。


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

ぶかぶかした床の補強をコンパネとカーペットでdiyで、1日で安く仕上げる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。