軽トラで2m単管パイプを運んで平屋に足場を組み立て素人diyでやる!

軽トラで2m単管パイプを運んで平屋に足場を組み立て素人diyでやる!
スポンサーリンク


平屋戸建てに、単管パイプで足場を組み立てました。

理由は、

投資で購入した平屋戸建てに外装塗装を、無謀にもdiyでやる為です…

この記事でわかること

2mの単管パイプで、

平屋戸建てに足場を組み立ててみました。

単管パイプの輸送から必要な

2m単管パイプ本数に部材と掛かった費用を

紹介しています。

素人diyで平屋戸建てに外装塗装をやる


築20年物件を安く購入している分、

リフォームが必要な箇所も多いんですよね…


この平屋戸建ても

アスベストの屋根が色あせてコケが付着している状態で

外壁も色あせして、全体的に塗装が痩せてきている感じでした。

おそらく、20年くらい外装塗装がされていない状態です。


家を長持ちさせる為には、

メンテナンスを、きちんとやらないと

傷んでしまいますよね…

この平屋戸建てに外装塗装をするためには、

足場が無いと作業が出来ないので

足場をdiyで組み立てたいと思います。

外装塗装をやる前に必ずチェック


外装塗装をするために、資材を購入してしまうと

もう、後戻りはできません…

なので、

初めて挑戦する場合って不安ですよね?

なので、

プロの職人さんに外装塗装をお願いした場合

費用がどのくらいかかるのか?

確認してから、作業に踏み切った方がいいですよ!


案外、見積りしたら「プロに頼んだ方が良かった…」と

ならない為にも確認しておいた方がいいです。

一括見積を無料で診断できるサイトがありますので確認してみて下さい。


見積り出ましたか?

足場を組み立てる為に、

必要な本数と部材を準備するのに掛かる費用を

計算してみたいと思います。

軽トラックで平屋に使う足場用単管パイプを運ぶ


今回、単管パイプを購入して輸送したんですけど

軽トラックで運んだんですよ

なぜ?

軽トラックは、

もともと自家用車として所有していたんですけど


2tトラックをレンタルすると、15,000円くらい掛かるのですよ

軽トラでも運べないかな?と考えていたんですけど

2mの単管パイプなら運べるのでは?と思って

平屋1件分の単管パイプを軽トラックで輸送することに挑戦してみました。

軽トラック1台で運べる単管パイプの量は?


軽トラックに2m単管パイプを何本積み込めるか計算してみたんですよ

2mの単管パイプって、1本あたり 5kgぐらいなんですよ

軽トラックの積載量は350kgなので、

2mの単管パイプなら70本くらい積んで運んでも良い計算になります。


平屋足場に使った足場材の数と費用は?


足場を組み立てる時に、

単管パイプが、何本必要かどうやって計算するかですよね?

ちなみに、

以前にも単管パイプで平屋戸建てに

足場を組んだことがあるんですけど

その時にも、

足場の組み立てる時の単管パイプの間隔を紹介させて頂きました。

こちらも、

参考になると思いますので、是非参考に!

単管パイプで足場をDIYで組む!平屋に必要なパイプの本数は?ブログレビュー

前回作業した物件


↑の写真を参考に必要な単管パイプを計算します。

①の単管パイプの間隔は、180cmです。

②の単管パイプの間隔も、180cmです。

単管パイプで、正方形を描くように、組み立てていきます。


③は、地上から 0cmから50cmで、設定します。




2mの足場板を単管パイプの足場に掛ける為に

単管パイプの間隔を180cm開けて

足場の組み立てをやりやすくします。


元々 在庫が合った物もありますが、

新規で購入した物も合わせて

この平屋戸建てに用意した足場材はこんな感じです。

用意した足場材
  • 2m単管パイプ  100本

  • クランプ直交  70個

  • クランプ自在 10個

  • ジャッキベース 20本

  • ブラケット(単管パイプ用) 20個

  • ボンジョイント  100個

  • 鋼製足場板 2m  20枚

  • 番線20本

↑の足場資材を、足場屋さんで購入すると

新品と中古資材を合わせて

14万円位で購入できました。

なので、

一回しか使わないとなると、無駄な出費になってしまいますかね…



軽トラで輸送する関係で、2mの単管パイプを

繋ぎ合わせて使う為に、100本も使います。



その他に、

クランプや足場板も輸送するので、

積載量350kgの軽トラだと2台分で

輸送できる計算になるので、2台で輸送してみました。

軽トラに半分づつ分けて、積載したら

1台に300kgほどの重さだったので

2台で、1軒分の足場材を運べることがわかりましたよ!


軽トラ2台用意できない場合は、

1台でピストン輸送すればokです!

足場を組み立て作業のポイントと注意点


単管パイプの輸送は、何とかなりました。

輸送できたら、足場の組み立て作業になるんですが

作業をする前に、安全第一で作業を進めるために

用意するものと、作業の心得があります。


高所作業になるので、足場から落ちたら

大怪我をします。

作業もいい加減に、進めると大事故につながります。


なので、

作業する前に必ず、

ヘルメットと手袋と安全ロープを装着します。

作業手順は、

1本1本ゆっくりと確実に、取付けていくことです。


時間が掛かっても、安全装置が邪魔で作業しづらくても、

ゆっくりと確実に、1本1本取付けることです。


ここを手抜きすると、事故やケガにつながるリスクが

大きくなります。

大注意ですので、気を付けて作業しましょう

平屋に足場を2mの単管パイプで組み立てる



この日は、あいにくの大雨だったんですよ(*_*;

予定がつまっていたので、雨天決行と言うことで…

足場の組み立てを、進めてみました。

作業をしている間、ずっーと大雨だったんですよ

作業が終わった午後に、晴れ上がったんですよね….

雨男だったかな…



2mの単管パイプを家の周りに均等に置いて

1本1本確実に組み付けていきます。


2mの単管パイプが、100本もあるので贅沢に組み付けていきます。


番線を使って、木材で単管パイプを結束します。


平屋戸建てなので、

足場板に乗って破風板に手が届く程度の高さに調整します。


正面の破風板を塗装作業する時は、

ひさしの上に、登って作業をします。



そのまま登ると強度が無くて落ちてしまうので

ひさしに、登るときは

垂木を置いてから、その上にコンパネを敷いてから

ひさしに登ります。

裏側の破風板は、ひさしが無いので

単管パイプを繋いで、4mにします。


4mに繋いだ単管パイプに、足場板を組付けます。

足場板は、破風板に手が届く程度に設置します。

足場板に乗って、ぐらつきがあるところは

各部細かい所を補強して、

単管パイプがぐらつかない様にします。


100本有った、単管パイプがのこり3本くらいでしたよ

実際に作業してみないと、わからないことばかりでしたが

足場板が3枚と直交クランプが20個くらい足りませんでした。


でも、何とか組付けることが出来ました。

これで、

外装塗装の作業が出来ます。

まとめ

自分で足場を組み立てる事で出来れば、

外装塗装以外にも、小屋や車庫を建てたりと

diyの幅が広がりますよね!

でも、

組立時に危険も伴います。

足場をdiyで組み立てる時は、

1本1本ゆっくりと確実に、

組み立てることをお勧めします。


プロの職人さんにお願いすることが、

安全で一番確実に組み立てられるんですけどね…


自由に、作業するならmy足場があるといいですよ。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

軽トラで2m単管パイプを運んで平屋に足場を組み立て素人diyでやる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryuや

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。