車のカギが回らない エンジン掛からない IGキーシリンダーを交換

車のカギが回らない エンジン掛からない IGキーシリンダーを交換
スポンサーリンク

車のトラブルで、エンジンが掛からないトラブルが一番あせりますよね?
エンジンが掛からない理由が車のカギが、回らなくなってエンジンが掛かからない感じがします。
おそらくバッテリー上がりでは無い様な・・鍵が回っていない感じがしています。
みなさんは、バッテリー上がり以外のエンジンが掛からなかった事ありますか?
突然だと、どうしたらいいか不安になりませんか?

おやブロ
おやブロ

バッテリー上がり以外で、エンジンが「ウンともスンとも」言わない時があるんですね・・・びっくりでしたよ

この記事でわかる事

  • イグニッションキーシリンダを交換し壊れているキーシリンダを見て原因をまとめてみました。

結果からお話しすると、
キーシリンダを中古のキーシリンダと交換してエンジンが掛かる様になりました。 壊れたキーシリンダを見たら壊れた箇所がわかったので説明しています。

車のキーシリンダーが回らない

車のキーシリンダーが回らない

コンビニで何気なく弁当を買って、車に戻ると「ん?」エンジンが掛からない?
つうか・・「キー回ってないじゃん!」 さっきまでエンジンキーは回ってエンジンが掛かっていたのになんで?
30分位頑張って、キーを回したり戻したりを繰り返したんですが、ぜんぜん回りません。こんな時ってどうしたらいいんでしょうか?
ぜんぜん解らないので、車屋さんに連絡して見ましたよ(T_T)/~~~

レッカー移動で修理工場へ搬送

車屋さんに連絡をしたら、即答で「キーダメだから交換だな・・」
「ん?」そんな即答ですか・・・簡単に壊れるのかな?
キーが回らないなんて、今までに経験が無かった為、びっくりしましたよ。
しかし、このままでは、いつまでたっても先に進まないので、レッカーを頼んで車屋さんに移動してもらいました。

サンバーのキーシリンダー交換(中古品)

車は、スバルのサンバートラックです。
レッカー移動して直ぐに車屋さんが、「あーやっぱりダメだな」と一言
「中古品で良かったら直ぐ交換できるよ」の一言
即「お願いします!」の回答

スバル サンバー キーシリンダー 交換 手順と注意点

キーシリンダの交換してもらっている所を写真撮るの忘れてまして・・

三富鈑金さんのHPでサンバートラックのキーシリンダの交換手順を解説してくれています。参考に
サンバー(TT2) イグニッションキーシリンダー交換

サンバー キーシリンダー 交換した検証と故障原因

サンバー キーシリンダー 交換した検証と故障原因
この写真は、自分が乗っているスバル サンバートラックの取り外したキーシリンダです。

スバルサンバーのキーシリンダーを交換した壊れている部品です。
何で壊れているか、確認してみましたら、なんとなくどこが壊れているか解りましたので説明していきます。

イグニッションキー ACCまでしか回らない

イグニッションキー ACCまでしか回らない

各部説明します。

  • LOCK・・エンジンOFFでキーの抜きさしする位置
  • ACC・・エンジンは停止でラジオやパワーウィンドウが動く位置
  • ON ・・エンジンが掛かっている状態
  • START ・・エンジンを掛ける時にセルモーターを回す位置

そこで良く調べてみると、カギを回すと、「ACC」の所までキーは回ります。
その先の「ON」と「START」まで回って行きません。

ステアリングロックが故障している?

ステアリングロックが故障している?

この状態でキーが回るかテストした所、回る時と回らない時がありました。
よく観察して、キーを回してみると ある事に気づきまして・・

写真のキーロックの部分ですが、飛び出ているのわかりますか?
キーを回すと飛び出てくるんですけど、飛び出し方が中途半端なんですよね。
他の写真を見て下さい。

ステアリングロック エンジンオンの時

ステアリングロックが故障している?

ちゃんとキーが回る時は、ハンドルロックがここまで飛び出しているんです。
ちなみに、指でロックを押すと引っ込んで離すと戻ってきます。
キーを戻すと

ステアリングロック エンジンOFFの時

ステアリングロック エンジンOFFの時

エンジンキーをOFFにすると、キーがちゃんと回る時は、全部引っ込みます。

車のキーが回らないシリンダー原因はステアリングロックでした

車のキーが回らないシリンダー原因はステアリングロックでした

こんな感じで途中で、ハンドルロックが止まってしまうと、キーが回らない症状が起こる事がわかりました。
なんで途中で引っかかる感じで止まるの?

ステアリングロックの故障の原因

ステアリングロックが途中で止まってしまう原因なんですが、エンジンを掛けたり、止めたりの頻度が多い事が原因みたいです。
車の年式も古く10年以上で距離も30万㌔を超えていました。

要は、「使い過ぎ!」

だそうです。
故障と言うよりも、寿命だそうです。
おそらくキーシリンダ以外にもどんどん、違う所も壊れてくるだろうと・・

おやブロ
おやブロ

きっと車屋さんはこう言いたいと思います。
「いい加減新車に買い替えろ!」
と、心で叫んでいますよね

イグニッションキースイッチ

余談ですが、この茶色の部分がキースイッチです。
だからなに?
このスイッチが接触不良を起こすと、キーは回るがバッテリー上がりの症状の様にセルモーターが回らないそうです。

まとめ

バッテリー上がり以外のエンジンが掛からない故障でしたが、こんな故障もあることを理解いただけましたか?
突然、不幸は向こうからやってきます。
普段から、メンテナンスは細かくやっていたんですが、消耗品以外の部品が壊れると予測が付きません。
今回は、配送中では無かったので良かったんですが、クルマそのものも定期的が必要なんですかね。
車屋さんも、いつも迅速に対応して頂けるので、お店選びも大切ですね。

車のカギが回らない エンジン掛からない IGキーシリンダーを交換

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

おやブロ

OYAJIブログの おやブロです。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。