軽トラのバッテリー交換方法TT系サンバートラックの簡単diyブログレビュー

軽トラのバッテリー交換方法TT系サンバートラックの簡単diyブログレビュー
スポンサーリンク


スバルサンバートラックのバッテリー交換方法をブログレビューさせて頂きます。


もう、

サンバートラックが販売廃止されて何年も経ちますよね…

スバルサンバートラックのファンも、

たくさん居るだろうに…

製造中止は…

さみしいことですよね…

この記事でわかること

スバルサンバートラックのバッテリー交換の方法とバッテリーサイズ(容量)の紹介しています。

型式 TT1・TT2系

旧型のスバルサンバー軽トラックもバッテリーの交換方法は同じなので是非参考に!

型式KS3・KS4


24時間緊急かけつけ!【カーバッテリー110番】

TT系スバルサンバートラックのバッテリー交換


今では、

ダイハツのハイゼットトラックをOEMでスバルのサンバーとして売っているとは…


世に出回っている、残り少なくなったスバルサンバートラックを、未だに、大切に乗っているオーナーさんも居ると思います。

そこで、

diyで簡単作業できる、バッテリー交換方法を紹介させて頂きます。

交換した軽トラのバッテリーは無料で廃棄できる!


サンバートラックのバッテリーを交換する前に新品のバッテリーの用意が必要ですよね?


最近は、

交換した古いバッテリーを、ホームセンターで引き取ってもらえるの知っていましたか?

新品のバッテリーを、ホームセンターで購入すれば、購入した個数分だけ、古いバッテリーを無料で引き取ってもらえるんですよ

なので、

購入する前に、ホームセンターで古いバッテリー引き取ってもらえるか確認してから購入した方がいいですよ。


最近では、再生バッテリーもありです。

再生バッテリーで別の車に交換してみたんですが、その時のレビューをYouTubeにアップしてみました。

軽トラのバッテリーサイズ(容量)は?

バッテリーサイズは、

今取付けられているバッテリーと同じサイズがおすすめです。


標準で取付けられている、バッテリーサイズの物を取付けるのがおすすめです。

今回用意したバッテリーは40B19Lです。

軽トラのバッテリーサイズアップはおすすめ?


たまにいるんですけど…

ワンサイズ大きい物を、取付けると寿命が延びると思い

違うサイズの物を取付け方法ですが…

それって

間違えた考え方なんですよ

じゃあ

バッテリーのサイズアップするならどんな時か?

電装品を多く取り付けたクルマにはおすすめ出来ます。

例えば


・カーナビゲーション

・ドラレコ・ETC

・ハイワットなヘットライトやフォグライト

・室内灯や作業灯らバックライト



電装品が増えるとバッテリーにかかる負担が増えるんですが街乗りで、近場だけの走行だけだとクルマの発電機(オルタネータ)のバッテリーを充電する時間が短くてバッテリーの寿命が弱くなる可能性もあるので一回の走行が10分とか15分くらいなら電装パーツを取付けていてもサイズアップしない方がいいかもです。


軽トラに使うバッテリーの価格は安い物で十分!


バッテリー選びで、値段の高い物を買われる方が多いんですかね?

お店に行くと、

同じサイズなのに、値段の差が大きくないですか?

安い物から、高額なものまで…


正直…

高額なバッテリーは必要無い様な気がします。

10,000円もする高額なバッテリーを購入して2年間使うなら

4,000円の安いバッテリーを、毎年交換した方が…いいような…

そう思っているのは…私だけですかね…



バッテリーを購入するにも

今取付けられているバッテリーを外さないといけないので

作業手順を紹介させて頂きます。

サンバートラックのバッテリー交換方法

バッテリーの交換手順はこんな感じです。

バッテリー交換手順
  1. バッテリーを⊖端子から外す

  2. バッテリーブラケット取り外しと塗装

  3. バッテリー⊕端子を外す

  4. バッテリーをホームセンターで購入

  5. 新品のバッテリーを取付け

  6. バッテリーの取付けは⊕端子から取付ける

  7. バッテリーブラケットを取付け

  8. バッテリーの⊖端子を取付けて完成


写真を使って作業手順の紹介をさせて頂きますが

作業は、自己責任にてお願いします

軽トラのバッテリーの外し方

サンバートラックのバッテリーが取り付けられている位置は

クルマの左側面に剥き出しで取付けられています。


バッテリー⊖端子を取り外す

バッテリー交換の基本中の基本ですが、

必ず、

⊖端子から外します。


クルマのボディーにバッテリーアースされている状態で

⊕端子を外した時に、工具がボディに触れると

ほぼ100%ショートして、ヒューズが飛びます!



ヒューズだけなら、まだ助かりますけど

電装品本体まで、シュートすると修理代が高くつくので

必ず、

バッテリーを取り外す時は、

⊖端子から外します。


作業前にネジ部に潤滑油を給油すると、

作業しやすいので、端子部とネジ各部に給油します。

⊕端子にも給油しておきます。


サンバートラックのアース線は、

バッテリーからバッテリーケースの

ボディにアースされています。




⊖端子を、外すのも有りなんですが、

バッテリーケースのアースされているボルトを外した方が、

簡単に外れます。

ボルトを緩めて

アース線が外れたらボディに接触しない様に注意して


プラス端子を外します。



バッテリーアースを、外したら

バッテリーブラケットを外します。


バッテリーケース錆止め塗装



バッテリー交換とは、関係ないんですが、

サンバーの外したバッテリーブラケットを見ると錆さびなんですよね

このバッテリーブラケットとバッテリーケースに塗装します。

塗料は、クルマの鉄部(シャシー)に吹きかける

シャシブラを使います。

このシャシブラは、ディーラーでも取り扱いがあるプロ仕様になっています


シャシーフレームがむき出しの軽トラには、かなりおすすめ出来るザビ止め剤です。

かなり錆さびなんですよね

このままでも、良いんですが

スリーボンドのラスターがたまたま、有ったので塗装します。


乾くまでに、時間が掛かるので

バッテリーを購入しに行っている間に

乾燥させます。

バッテリーの⊕端子を外す

バッテリーの⊕端子を緩めて外します。

この時に、

バッテリーブラケットが外れていると

バッテリー本体を少し手前に

ずらせるので

作業しやすいですよ



外して、バッテリーを取り出したら

この汚いケースを塗装します。


塗装するとこんな感じです。

見た目も、キレイになるのでおすすめです。

軽トラに使うバッテリーサイズは40B19Lを取付ける


古い廃棄バッテリーを、ホームセンターで引き取ってもらい

新品のバッテリーを購入してきました。


バッテリーの取付手順は、

取り外した時と逆に

プラス端子から接続します。

必ず、プラス端子から取付して下さい。


必ず、⊕端子から取付します!

⊖端子から取付けてしまうと

バッテリーをケースに取付けると、端子取り付け部が

狭いので、危険です。


⊕端子取付け出来たら

⊖端子を取り付けします。

端子ボルトはしっかりと締め付けて下さい。



古いバッテリーにもあったんですが

バッテリーを持ち上げる為の取っ手?があるんですけど

今回の新品バッテリーは、取っ手が大きいのか…

端子のボルトが締めにくかったんですよ

なので

取り外しします。

取っ手が無くても大丈夫なので!


⊖端子を、しっかり取付してブラケットを取り付けします。

ボルトはしっかりと締め付けて下さい。



塗装が乾いた、ブラケットを取付けて完成です。

ラジオのチューニングと時計の設定も忘れずに!

まとめ



自分で出来る簡単な作業を紹介させて頂きました。

バッテリー交換は定期交換をお勧めします。

バッテリーが上がるまで使い切ると

バッテリーが上がった時に限って、大抵急いでいる時だと思うので!


作業的には、簡単な作業ですが

diyで作業する時は、自己責任でお願いします。

24時間緊急かけつけ!【カーバッテリー110番】

クラウンのバッテリー交換も紹介しています。クラウンロイヤル180系のバッテリー上がり!diyでバッテリー交換してみた!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

軽トラのバッテリー交換方法TT系サンバートラックの簡単diyブログレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

OYAJIブログの Ruyや です。 日々、貧乏暇なしで働いています。 DIYに興味があり少ない小遣いでいつ使うかわからない工具を買ったりして・・・その工具を使用したい為に無理やり工具にあったDIYをするが、持ってない他の工具必要になったりして最終的には手抜きDIYになってしまう適当アラフォーおやじです。